新型コロナ感染症の検査を受けた方へ
 陰性と診断を受けた方 現段階では新型コロナウイルスがいない、もしくは問題になるほどの量がいないということです。 今後増えてくる可能性もあります。症状が落ち着かない場合は油断をせず再診してください。 陽性と診断を受けた方 1)有症状患者 発症日から7日間経過し、かつ症状軽快後24時間経過した場合には 8日目から解除可能とする。 2)無症状患者(無症状病原体保有者) 検体採取日から7日間を経過した場合には8日目に療養解除を可能とする(従来から変更なし)。 加えて、5日目の検査キットによる検査での陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に 解除可能とする。 ※※ ただし従来の療養期間である10日間(有症状)、7日間(無症状)が経過するまでは感染リスクが残存することから 検温など自身による健康状態の確認や、高齢者などハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの 高い場所の利用や会食などを避けること、マスク着用することなど、自主的な感染予防行動の徹底をお願いする。 3、濃厚接触者 同居のご家族、感染者の発症の2日前からマスクを着用せず1メートル以内の近距離で15分以上の接触があった方が該当します。 健康観察期間は感染者と最後に接触した日の翌日から5日間です。 2日目、3日目に自宅抗原定性を行い陰性の場合は、3日目から外出可能となります。 1)外出を避け自宅でお過ごしください。 買い物などは友達に頼む、ネットスーパー等の利用をお願いします。やむを得ず外出する場合は必ずマスク着用の上 人混みを避け、短時間で済ませてください。公共交通機関の利用は避けてください。 2)健康状態を毎日観察してください。 検温をし、発熱、咳、鼻水、のどの痛み、呼吸が苦しい、だるい、味覚がおかしい、臭いがわからない、吐き気・嘔吐、 下痢などの症状がないか確認してください。 体調不良時は下記にご連絡の上、医療機関を受診してください。 平日8:45〜17:15 泉区保健センター 045−800−2445 平日夜間、土日祝日 横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター 045−550−5530